引越しの掟!【見積もり 比較 ランキング】 > 引越しの役立つ情報! > 50ヘルツ、60ヘルツとは?


50ヘルツ、60ヘルツとは?


日本には、2つのヘルツ地区が存在しますが、ご存じでしたでしょうか?ヘルツについては家電に貼ってあるシールなどに記載されており、電化製品にはそれぞれ50ヘルツ対応と、60ヘルツ対応、もしくは両対応の家電製品が存在します。

このヘルツの違いは、関東にドイツから50ヘルツの発電機が輸入され、関西にはアメリカから60ヘルツの発電機が輸入されたことに始まります。

そして、ヘルツの区分は、東西によって分かれており、日本の場合、静岡県の富士川から新潟県の糸魚川あたりを境に電気の周波数が異なります。

大阪などの関西側は60ヘルツ、東京などの、関東側は50ヘルツとなっています。また、それに伴い家電販売店でも、それぞれの周波数に対応した家電製品が販売されているということになります。

しかし、最近の家電は、50/60Hz両対応となっていることからヘルツの対応を気にする必要はないでしょう。つまり最近の家電製品は、関東、関西のどちらの地域でも使えるということです。

もちろん、これが、どちらか単独表記の場合は、表記されているヘルツ対応の地域でしか使えませんので、引っ越しの際や、リサイクル業者で購入した家電製品の場合は、利用前にヘルツの表記を十分注意して使用してください。

この周波数を無視して、利用すると故障や火災の原因となることがありますので、安易に利用を考えてはいけません。

また、東京電力ホームページでは、ヘルツ対応地域が画像にて確認できます。

http://www.tepco.co.jp/life/custom/q_and_a/komatta/hikkoshi-j.html

<< 前のページへ戻る

最新引越しの役立つ情報! >>

引越し比較

 最新更新情報 (10秒ごとに切り替ります)


    引越しの役立つ情報! RSSフィード

引越しは、そう頻繁にするものはありません。その為、知らないことで損をすることや、失敗することがたくさんあります。今まで知ることがなった引越に関する情報や、奄ノついてご紹介しています。



 引越しはクレーマーが得する?



 引越し時に必要になるお客様番号(公共料金)



 引越し会社は立ち上げ時が狙い目



 引越し業者の値引率の違い



 引越し業者はパンフレット通りにはやってくれない



 海外に1年以上滞在する場合



 賢い「家電」「パソコン」のリサイクル方法



 布団の梱包について



 引越し先のガスの種類



 ペットの引越し



 国際運転免許証について



 忘れてはいけないクリーニングとレンタル返却



 業者の割引サービス広告どこまで?



 実は狙い目?午後の最終便



 ダンボール無料サービス



        バックナンバー
| 1 |   


 URLを携帯に送信します。 下記入力フォームに携帯メールアドレスを入力して送信ボタンを押してください。
「とくする携帯サイト」として、専門情報サイト携帯URL情報を送信させていただきます。

 @
※ドメイン指定受信を設定されている方は受信できるよう指定してください。